4H足の調整波を攻略

4Hの調整波のパターンを攻略していくよ
4Hの本調整波って、初動より難易度低めだと思ってたけど、トレンドラインの抜け見込みで入って負けることが多いから結局同じかも。

4H2σ~1σ間の4H調整波初動の攻略はこっち

2022年7月8日GBPJPY(39pips)ルール外だけど落ちるやつ(要添削)

【実体抜け前×大包み足×階段】

日足がダウ継続点とチャネルラインで前日抑えられて今日は陰線がイメージできるところ
4H実体抜け前だが、1Hが大きく包み足出て15M階段。

4Hのトレンドライン割ってないし、ダウ継続点もあるから、抜け見込みで入ると逆行される可能性のあるところでは??

4Hの谷間で落ちる(45pips)

※添削中です。

2022年7月7日GBPJPY(39pips)大抜けからの追撃

【レンジ大抜け×大抜け×足場】

月足のダウ継続点で日足が下げ止まり。

4H実体抜けを待っていたら、大分ダウから大抜けしてしまった。
(内部ダウがあるから、実体抜けまたなくても1Hの階段もどきでEN出来たかも?)

15Mで足場固まったのを確認してGO

ほぼ伸び切っていたが、4Hの下限まで若干伸びしろがあった(35pips)

このあと、日足の初動調整波が狙える

2022年7月4日GBPJPY(63pips)ボリンジャー勢いないけど伸びる

【ダブルボトム×レジサポ】

月のダウ継続点と週のトレンドラインに戻されて4Hがダブルボトム

日足の流れが終わってないのと、1Hのボリンジャーが被って来てたから入れなかった。

4Hダブルボトム実体抜けを1Hでレジサポして、勢いはないけどじわじわ伸びる。

4Hの下限ラインまで(63pips)

15Mが大きく包んで、1Hのレジサポ確定だから入ればよかった。

2022年6月24日GBPJPY(73pips)真横向いてて勢いないから注意

【包み足×レンジ抜け】

日足が週のダウ山で抑えられてMAから半値戻しが狙える場面。
4H的には調整波。

包み足でトレンドライン割って、1Hが玉ダメしたのでレンジ抜けを待って15M引き付けでEN

4Hでダウがなく、1Hの玉ダメパワーで行くから1Hの抵抗を目標にしないと失速して負けるから注意(73pips)

月週が上目線だけど4Hのボリンジャーが完全に横向いちゃってるからやはり勢いなかった。

2022年6月13日GOLD(80pips)

【第六転換×ダブルトップ】

日のレンジ上限、前日実体抜けしてるが、4Hが包んで転換中。
1Hのダブルトップ実体抜けして、15Mで4H抵抗に引き付けてEN

4Hのレンジ上限まで。(80pips)
MA付近まで持ってもよかったが、いっかい戻されるのでここで良さそう。

2022年6月9日GBPJPY(52pips)

【ダブルトップ×階段】

月のヒゲ抵抗にゴール、日も週も陽線続きなので押し目狙い。
上昇強いが、4Hダブルトップでネックラインを包んで抜けたので4H調整波狙う。
同時に1H階段

第一目標は日足のダウ継続点まで(52pips)
月のゴールに到達したことを考えると4H抵抗まで狙ってもいい場面だったかも(81pipsか120pips)

2021年3月24日GBPJPY(負けパターン)

中途半端に1Hの階段を待つと負けるいい例

【逆色包み足×階段】

4Hのトレンドライン割ってないかつ、波の起点が遠くて勢いがあるから、もう一度陰線を待たないと負けるパターン

2021年3月24日GBPJPY(37pips)

【Wボトム×ネックライン抜け同時レジサポ】

4H調整波の本流は、4Hの陰線待ってダブルボトム作ってから

4Hのネックライン実体抜け前だが、1Hで実体抜けしてヒゲでレジサポ判断。
15Mのピンバー下げ止まりと見てEN。

4HのMA付近まで(37pips)

2022年5月13日GBPJPY(まったく同じ負け方をした)

4Hでトレンドラインは割れてる、かつ陽線のあとに下ヒゲが出てるのでもう下試し済みと判断してしまった。

この下ヒゲがトレンド継続の波であって、戻してからの余波ではない。
波の起点が遠いから戻してからの余波を待つ必要あり!
『波の起点が遠い時、戻しが深いときは半値戻りを待つ』

4H陰線でレジサポ完成し、4Hがコマ足で基軸になったので15M足で発射。

2022年3月29日GBPJPY(110pips・危険パターン)

[alert title=”危険”]上位足がイケイケだから4Hダブルトップでも刈られる。こういう時は日足で過熱感が納まるのをしっかり待った方がいい。

【フェイクWトップ×チャネルブレイク】

上位足はまだイケイケだが、月週抵抗付近で前日長ヒゲ、4H大陰線。

すぐには落ちてこないのでダブルトップを待ってからのエントリー。

ネックラインの1Hレジサポで入るとトリプルトップを作りにいく波に殺される可能性あるから注意。
(リスクリワード1:2にはなるから、損切50pipsおいておけば刈られない)

※よくやる負けパターン

・4Hダブルトップのネックラインを割る見込みで入って負ける

⇒4Hのネックラインはレンジ下限と同じ考え方だから
『4H実体抜け1Hレジサポ or 1H階段 or 1Hレンジ抜けレジサポ』
がないと抜けない。
(今回は1Hのレンジ抜けレジサポで失敗してる)

ゴール目標は4H調整波だけど、手前に日足のダウ継続点があるから日抵抗まで(110pips)

1H4Hがの三尊、1Hで転換(1Hでも三尊もしくは変形レジサポ)確定でEN!

2022年3月29日GBPJPY続き(4H半値戻し・1H調整波)

【ダウ×レンジ抜けレジサポ】

調整波と半値戻しはセット!!

でも半値戻しは1個下の波になるからゴール目標は1H抵抗まで。

4Hの下限目指すと届かず爆死するから注意
(これもよくやる負けパターン)
※半値戻しは1個下の波

2022年5月11日GBPAUD(107pips)

【ダブルトップ×ヒゲ包み×レジサポ】

週抵抗で前日、同色同向ピンバー
4Hでダブルトップ作ったので監視スタート

ネックラインとトレンドラインを実体抜けして
1Hがヒゲ包み、15MレジサポでEN!

できたらよかったんだけど、1Hのレジサポ待ってたら入れなかった。。

4H抵抗は自分で実体抜けしてる
1H抵抗を15Mで階段したからもう合流で思って良かった

ゴール目標は4HMA付近のヒゲまで(107pips)

朝から待ってて、107pipsをみすみす取り逃がすのは本当に痛い。

「月が先月下ヒゲ陽線で、週もダブルボトムつけそうだったから途中で反転するかも。。」
と恐怖があった。

上位足の抵抗で日足が前日ピンバー×4Hトレンドライン割れてネックラインも割れてるから、デイトレでは狙ってよかったはず